ファッション注意事項

ファッション注意事項のページを説明

スポンサードリンク
記事

2008年11月03日

ファッション注意事項

服に着られてしまうのはNG

“服に着られている”

つまり、洋服に対して着ている人が負けている状態です。

では“服に着られている”というのはどんな状態なのでしょうか。


自分の考えやセンスがそこにないのが、
服に“着られている”という状態でしょう。


服が「メイン」で人が「サブ」となってしまっているのです。

他にも服が「メイン」になってしまっている状態は
このようにあります。


その服(ブランド)を着こなす技量が足りていない。
その服のインパクトにあなたのキャラが負けている。


まとめると、

・自分の意志や感性がそこにない
・その服を着こなす技量が足りていない
・キャラのインパクトが服に負けている

この3点が“服に着られている”という状態です。

では、人を「メイン」、
服を「サブ」にするにはどうすればいいでしょうか?


1 考える

受動的ではなく、能動的にファッションと接することです。

店員のアドバイス以外では服を買わない。
常にマニュアルを遵守。

なんてことをやめるのです。

はじめはそれでいいのですが、それではあなたの個性もない状態です。

最初は失敗してなんぼ!という感じで服に挑んでください
(自分の判断で選ぶ)。


これが服に勝つ最大のポイントでしょう。
能動的に挑まない限りは不戦敗のままです。



2 着こなしの技量を上げる

これはファッションに能動的に接することで、
勝手に技量が上がってくると思います。

あとは、洋服を着まくることですね。

自分の体のバランスなどを考慮することも必要です。



3 客観的に自己判断する。

自分の好きなファッション。

それが似合っているかどうかを客観的に観察する。
かっこいいものを着ても似合っていなければそれはかっこいいものでは
なくなることを知ることです。



以上の3つが“服に着られている”状態から抜け出すための
ポイントです。


まとめて、言うと「自分に合うものを着る」ということです。

あなたのスタイル、キャラに似合うものを着こなすのが
オシャレへの近道です。


より詳しくファッションについて追求したい方は
私の書いたファッションマニュアルで学んで見て下さい。

誰も教えてくれないファッション術(男性版)

雑誌では教えてくれないファッション術(女性版)


posted by 運営者 TAM at 10:40 | ファッション講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TAMのオススメ記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。