UK グラフィティアーティスト バスク【Busk】

UK グラフィティアーティスト バスク【Busk】のページを説明

スポンサードリンク
記事

2009年03月27日

UK グラフィティアーティスト バスク【Busk】


人気のファッションブログランキング


L:UK Adapta

 
ザ・キング・オブ・UK グラフィティ
Busk (バスク) は20年以上も活動を続け、今なお精力的に活躍している。彼のスタイルは進化し続け、新しい方向性を打ち出すたびに、彼が英国で最高のグラフィティ・アーティストたる所以を証明し続けている (それもペインティングの1つの要素のみでなく、全ての要素でだ)。87〜88年にはエセックスで活動していたが、その後ロンドンに移った。当時のロンドンは盗難が頻発し、あまり居心地のよい街とは言えなかったが、そのような事柄がグラフィティの一部となっていた。また、グラフィティをやっていたせいで刺されたことや刑務所に入ったこともあったが、24年経った今でも ''まだ'' 描き続けている。



Busk (バスク)はグラフィティ・アーティスト。
彼の描くものは幻想的だがどこか生々しく美しくもありリアルだ。


グラフィティ・アートはパブリックな壁面にカラースプレーなどを
使用して描かれた絵画のことです。

アートデザインとしての枠に組み込まれるまではただのいたずら書きという迷惑行為としか思われていませんでしたが、それはただのいたずら書きではなくメッセージのあるアートだと現在では認知されています。
(すべてがそうだとは限りませんが・・・)


日本でも一時、NYの影響かどうかはわかりませんが、ニュースなどにも
取り上げられるほど街中に頻繁に描かれていたような。


個人的にあれはアートと呼ぶにはどうかという代物でしが・・・
posted by 運営者 TAM at 22:51 | Comment(0) | TAM日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
TAMのオススメ記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。