市場が"リアル"を追い求めれば"クリエイティブ"は失われてしまうのか

市場が"リアル"を追い求めれば"クリエイティブ"は失われてしまうのか のページを説明

スポンサードリンク
記事

2009年06月15日

市場が"リアル"を追い求めれば"クリエイティブ"は失われてしまうのか

人気のファッションブログランキング


昨年のサブプライム問題から始まり、リーマン・ブラザースの
経営破たん、米自動車ビッグ3などの経営危機を誘発し、
アメリカ経済だけでなく、世界経済全体に大不況を巻き起こし、
ファッション業界にも多大な影響を与えた。

G8が13日に「世界経済の安定化を示す兆候がある」と声明をだしたが、
状況自体はいまだ不確実なものだろう。


そんな中、日本市場で大ブームなファストファッション。
ここぞとばかりに勢力を拡大している。

クローズや破たんするブランドを尻目に店舗を増やしている。
やはり、ファストファッションといえば「安さ」がユーザーの
心をがっちり掴んでいるのだろう。
ただ彼らは「安くしないと売れないから」という時代の波に
乗っかっただけではなくこの時代に対応し、コストパフォーマンスの
面から正面をきってぶつかっていったのだろう。

コストパフォーマンスを考えていくと品質が下がっていくのでは
ないのかと思いがちだがそういうわけでもない。

すこぶるいいのかと?聞かれればNOだが
「そんなには悪くない」といったところだろうか。


ブランドやメーカーもこぞってアウトレットに力をいれている。
2割〜6割引きなどは当たり前、
原価はいくらなんだよと突っ込みたくなる。


このような状況下でモードブランド、ラグジュアリーブランドに
求められたのが"リアル"だ。求められたというよりせざる得なかったのではないだろうか?

市場に受けなければ歴史もへったくれもないだろうから。
いち消費者としてはいいことだと思うが、コレクションやメゾンの
いちファンとしては少しもの悲しい気もする。

ボクにとってのコレクションやメゾンは格式の高いものというイメージもあるからだろう。


それに"リアル"と"クリエイティブ"の共存は難しいものであり、
市場に受け入れられる為に"リアル"を追求すれば
"クリエイティブ"という輝きを失ってしまう気がする。


この共存を成功させるメゾンは現れるのでしょうか?





TAMでした。


人気のファッションブログランキング
posted by 運営者 TAM at 11:34 | Comment(0) | TAM日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
TAMのオススメ記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。